えぬやま日和

育児中の会社員です。オススメ情報や成長記録など。

【開封レビュー】ベビーブック2018年9月号・付録(メロディスマホ)コスパ良し!

初めての小学館ベビーブック

 付録につられて初めて買ってみました、ベビーブック。

f:id:nyama02:20180811233100j:plain

表紙にたくさんのキャラクターが載っています。子供が好きなキャラクター満載!

まめパンは今アンパンマンブームがすごいので、この表紙だけで食いつきそうです。

 そして今月の付録が豪華なんです!

f:id:nyama02:20180811233030j:plain

 

アンパンマン×携帯という、まさに子供が好きな組み合わせ!

お出かけのときに最適そうです。本誌に加えてこの付録がついて740円はかなりお得なのではないでしょうか。

ベビーブック自体もカラーで丈夫な紙質で出来ていて、安っぽさはないです。子供が好きなもの盛りだくさんの絵本みたいな感じですね。興味をひくにはもってこいです。

 付録をさっそく作ってみた

 

 まずは開封して、付録の材料を取り出し。

ベビーブックの1ページ目の厚紙と、箱入りのスマホ本体です。

f:id:nyama02:20180811234008j:plain

スマホ本体を出してみると、こんな感じ。

 

f:id:nyama02:20180811235015j:plain

さすがに安っぽい感じがあるのは否めませんが、2歳児だと「ボタンを押せてメロディや音が流れる」だけで大喜びですよね。

値段のことを考えるとコスパはとても良いと思います。

f:id:nyama02:20180811234940j:plain

メロディは「ハッピーバースデー」と「きらきら星」。ほぼ単音の電子音で、かなり昔の携帯の着メロみたいな感じです。

 電池も最初から内蔵されていて、絶縁シールをはがしたらすぐ使えるようになっています。おまけに電池交換も可能です。

 スマホケースの作り方もとっても簡単でしたよ。

画面のキャラクターカードは全8種類とありますが、アプリ画面や数字画面がついたカードもついていて、それも含めると裏表で全10種類となっています。

LINE風の画面やアドレス帳風の画面もあって、盛り上がりそうです。

f:id:nyama02:20180811233934j:plain

さすがに厚紙なのですぐダメになりそうな予感はしますが、そこは付録!すぐにあきらめがつくのもいいところですね。

 あ、スピーカー?部分に貼るシールもついていて、そのシールを貼れば音量調節ができるようになってます。お出かけ時のことを考えてくれているのはさすがですね。

 

もうひとつおまけに、保護者向けの冊子には遊ばせ方・声のかけ方も載っていました。遊びの幅も広がって、地味に助かります。

f:id:nyama02:20180811234819j:plain

 子供って、与えっぱなしだとすぐ飽きちゃったりしますからね。大人がうまく誘導して、遊び方の幅を広げられるといいですよね。

ベビーブックと付録の活用方法

 わたし正直、キャラクターものを全面に押し出した商品は苦手なんです。

なのでベビーブックを買うのもかなりためらったんですが…暴れる2歳児を前に「キャラ物はちょっと無理」なんて言ってられない!食事時にぐずり始めた時にまめパンにアンパンマンを見せて機嫌が良くなるのなら、それでよし!

そう思って、お出かけの時限定で使うおもちゃ&絵本として購入しました。

まめパンが食いつきそうなキャラクターもたくさん載っているし、普通の絵本を持ち歩くよりも軽いし、目新しいし。正直、雑誌の方なら出先でもし忘れても惜しくないかもしれません。付録もお値段のことを考えたら、1か月でまめパンが飽きたとしても諦めがつきますよね。

さっそく使ってみたら…

 今日ためしに出先の食事処で雑誌の方を見せてみましたが、やはり大喜びでした。

 お子様によっては食事そっちのけになってしまうかもしれないので、ページを切り分けて持っていくなど工夫しても良いかもしれません。

 スマホの方はまだ使っていません。すごく喜びそうなので、早く使わせてあげたいです。

 

スマホのおもちゃも厚紙がダメになったら使えなくなってしまうので、もしすごく気に入っていたら普通のおもちゃを買ってあげるかもしれません。

すごく多機能ですね!いろんな会話のバリエーションがあって、シチュエーションごとのうながし機能もあるみたいなので親も助かりそうです。

  

お子様がアンパンマン好きな方は今月号のベビーブック、ぜひ買ってみてください。オススメです!